未分類 0 Comments

示談交渉で提示される金額についてはとても判断が難しいものとなってきます。いったいどのくらいが妥当なものであるのかは簡単に判断することはできませんし、ケースや事故にあった人の仕事や立場などによっても違ったものとなってきます。示談金の中に含まれるのは慰謝料だけでなく休業補償や治療費など様々なものが入ってきますから判断が難しいのは当然のこととなります。

では、どのように判断をおこなったらよいのかは、もっとも信頼できるのが弁護士です。もちろん示談交渉の際には保険会社の人が間に入ることが多くなるのですが、間に入るといっても中立の立場で交渉を行うということではなく加害者の味方となっていると考えた方がよいものとなってきます。あくまでの加害者の代理人というイメージになりますからそこで提示される示談金が妥当なものであるのかはすぐに判断することができるものではなくなってきます。弁護士をお願いすることで自分の味方を作ることができるだけでなく裁判基準での示談交渉を行うことができますから正当な額を提示することができるようになります。

裁判基準といっても一般の人にそれがわかることは難しくなりますし、交通事故といってもケースは様々ですから一概に判断することができません。だからこそプロの手を借りて正当な補償行ってもらうことが大事なポイントとなってきます。

未分類 0 Comments

交通事故の被害者になると示談交渉を行う必要が出てきますが、十分に気を付けることが必要となります。示談交渉は交通事故の相手の加入している保険会社と交渉をすることになるのですが相手はプロです。一方こちらは全くの素人となります。しかも保険会社としてはできるだけ支払額を少なくしたいという思いが働きますから保険会社といっても相手のことを信頼してしまうことは危険です。

示談交渉はこれだけの保証をしますという話であると同時にこれだけの保証をもらったらその後は一切そのことでトラブルになるようなことはしませんという契約となります。つまり示談書に捺印をして了承したらその後何かあっても文句を言うことができないということになります。だからこそしっかりとした示談交渉を行う必要があります。

提示される示談内容が適正なものであるのかをきちんと判断する必要があるのですが、素人にはとても難しいことになってきます。
そこで大きな助けとなってくれるのが弁護士です。弁護士にお願いすると費用がかなり高くなってしまうのではないかと心配する人も多いでしょうが、自動車保険の中には弁護士費用を負担するような契約内容がついていることもありますし、実際の弁護士費用も以前のような高額になるようなことはありませんから弁護士を願いした方が安心です。
その上で相手からの提示や話が合っても決してすぐに返事をするのではなく相談してから結論を出すことが必要です。

未分類 0 Comments

交通事故の被害者となった場合にはまずは治療を行うことになりますが、治療が済んだら交通事故の示談交渉を行うことになります。示談交渉に慣れているという人などは決して多くはありません。仕事でかかわっている人などであれば当然ですが、そうでなければ示談交渉というだけで身構えてしまうということもありますから基本的な知識を知っておくことは多いに役立ちます。

示談交渉を行う場合には相手の保険会社と行うということが一般的なものとなっていますが、保険会社が相手ということは少なくとも交通事故の相手は任意保険に加入しているということになり、きちんとした示談金を受け取ることができる可能性があるということになります。

仮に自賠責保険のみ加入しているという相手の場合には直接相手を交渉することになってくる可能性もありますし、示談金も自賠責保険で賄うことができない分は相手が保険以外で用意することになりますから万が一にも補償を受けることができない可能性もあるということになります。相手の保険会社が登場した時点でまずは一安心ということになります。とはいってもそこからは気を付けたい点もいくつかありますから決して保険会社に任せてしまうということは避けなければなりません。

そもそも保険会社は自分の味方だと思いがちですがそんなことはありません。こちらの希望のままに示談金の支払いに応じていては保険会社も商売ですからとても対応しきれなくなってしまいます。つまり保険会社も商売だということを頭にい入れておくことが必要ということです。