交通事故の示談

未分類 0 Comments

交通事故の被害者となった場合にはまずは治療を行うことになりますが、治療が済んだら交通事故の示談交渉を行うことになります。示談交渉に慣れているという人などは決して多くはありません。仕事でかかわっている人などであれば当然ですが、そうでなければ示談交渉というだけで身構えてしまうということもありますから基本的な知識を知っておくことは多いに役立ちます。

示談交渉を行う場合には相手の保険会社と行うということが一般的なものとなっていますが、保険会社が相手ということは少なくとも交通事故の相手は任意保険に加入しているということになり、きちんとした示談金を受け取ることができる可能性があるということになります。

仮に自賠責保険のみ加入しているという相手の場合には直接相手を交渉することになってくる可能性もありますし、示談金も自賠責保険で賄うことができない分は相手が保険以外で用意することになりますから万が一にも補償を受けることができない可能性もあるということになります。相手の保険会社が登場した時点でまずは一安心ということになります。とはいってもそこからは気を付けたい点もいくつかありますから決して保険会社に任せてしまうということは避けなければなりません

そもそも保険会社は自分の味方だと思いがちですがそんなことはありません。こちらの希望のままに示談金の支払いに応じていては保険会社も商売ですからとても対応しきれなくなってしまいます。つまり保険会社も商売だということを頭にい入れておくことが必要ということです。