未分類 0 Comments

交通事故の被害者になると示談交渉を行う必要が出てきますが、十分に気を付けることが必要となります。示談交渉は交通事故の相手の加入している保険会社と交渉をすることになるのですが相手はプロです。一方こちらは全くの素人となります。しかも保険会社としてはできるだけ支払額を少なくしたいという思いが働きますから保険会社といっても相手のことを信頼してしまうことは危険です。

示談交渉はこれだけの保証をしますという話であると同時にこれだけの保証をもらったらその後は一切そのことでトラブルになるようなことはしませんという契約となります。つまり示談書に捺印をして了承したらその後何かあっても文句を言うことができないということになります。だからこそしっかりとした示談交渉を行う必要があります。

提示される示談内容が適正なものであるのかをきちんと判断する必要があるのですが、素人にはとても難しいことになってきます。
そこで大きな助けとなってくれるのが弁護士です。弁護士にお願いすると費用がかなり高くなってしまうのではないかと心配する人も多いでしょうが、自動車保険の中には弁護士費用を負担するような契約内容がついていることもありますし、実際の弁護士費用も以前のような高額になるようなことはありませんから弁護士を願いした方が安心です。
その上で相手からの提示や話が合っても決してすぐに返事をするのではなく相談してから結論を出すことが必要です。