示談交渉の相場?

未分類 0 Comments

示談交渉で提示される金額についてはとても判断が難しいものとなってきます。いったいどのくらいが妥当なものであるのかは簡単に判断することはできませんし、ケースや事故にあった人の仕事や立場などによっても違ったものとなってきます。示談金の中に含まれるのは慰謝料だけでなく休業補償や治療費など様々なものが入ってきますから判断が難しいのは当然のこととなります。

では、どのように判断をおこなったらよいのかは、もっとも信頼できるのが弁護士です。もちろん示談交渉の際には保険会社の人が間に入ることが多くなるのですが、間に入るといっても中立の立場で交渉を行うということではなく加害者の味方となっていると考えた方がよいものとなってきます。あくまでの加害者の代理人というイメージになりますからそこで提示される示談金が妥当なものであるのかはすぐに判断することができるものではなくなってきます。弁護士をお願いすることで自分の味方を作ることができるだけでなく裁判基準での示談交渉を行うことができますから正当な額を提示することができるようになります。

裁判基準といっても一般の人にそれがわかることは難しくなりますし、交通事故といってもケースは様々ですから一概に判断することができません。だからこそプロの手を借りて正当な補償行ってもらうことが大事なポイントとなってきます。